2010年03月16日

死亡補償金は最大3300万円=新型ワクチンの副作用救済−厚労省(時事通信)

 新型インフルエンザワクチンによる副作用で健康被害が出た場合の救済について、死亡時の補償金を最大約3300万円に増額する方針を厚生労働省が固めたことが11日、分かった。同省は新型ワクチンの接種を円滑に進めるため、予防接種法を改正し、補償額を増やすとしていた。
 政府は12日にも予防接種法改正案を閣議決定し、近く今国会に提出する。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
通勤混雑回避わずか16%=昨年の新型インフル確認時
はしかワクチン、接種低迷=新型インフル余波か-09年患者激減、「排除」へ正念場
国産インフル薬、相次ぎ名乗り=点滴型や新作用で選択肢拡大

ドラマ撮影現場でAKB48の小道具盗む 高校生ら3人逮捕(産経新聞)
非核三原則、法制化も展望=社民党首(時事通信)
前原国交相 スカイマークの操縦室撮影「言語道断」(毎日新聞)
進学塾「名進研」社長を告発=不動産利益1億円隠す−名古屋国税局など(時事通信)
首相、訪米に意欲 米国土安全保障長官と会談(産経新聞)
posted by スギノ マサオ at 19:45| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。