2010年04月23日

宮崎の1例目、口蹄疫確定=農家支援策も拡充−赤松農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は23日の閣議後記者会見で、宮崎県都農町の農場から口蹄(こうてい)疫の疑いのある牛が20日に見つかった1例目について、検査の結果、口蹄疫のO型ウイルスが確認されたことを明らかにした。これで2000年以来、10年ぶりの国内発生が確定した。
 また同省は、口蹄疫発生に伴う関連対策として、農家への低利融資策の拡充や搬出できない家畜に関する助成措置なども決めた。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「口蹄疫」
口蹄疫疑い牛4例目=殺処分264頭に拡大
宮崎銀行、口蹄疫被害に緊急融資
口蹄疫疑い3例目=宮崎の牛で発見
牛6頭、口蹄疫の疑い=宮崎県内で2例目

ファミマにレインコート強盗11万円奪う 兵庫・姫路(産経新聞)
羽生が2連勝=将棋名人戦(時事通信)
障害者自立支援法訴訟13例目の和解 大阪地裁(産経新聞)
舛添氏はがん細胞!自民党内から批判噴出(スポーツ報知)
橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)
posted by スギノ マサオ at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。