2010年05月13日

沖縄県民大会「9万人」に疑問も、県警把握せず(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場の県内移設反対を求めて先月25日に行われた県民大会の参加人数について、主催者が「9万人」と発表したことに対し、疑問の声が出ている。

 主催者の同大会実行委員会によると、会場となった同県読谷村運動広場の最大収容人数が5万人で、「会場の周囲にいた人や、交通渋滞で到着できなかった人が大勢いた」(事務局)として「9万人」と算出したという。

 だが、大会直後から「実際の参加者はもっと少ないのではないか」(政府筋)との指摘が相次いだ。

 都内のある警備会社が大会当日の航空写真をもとに人数を数えたところ、「視認可能な人数は1万1569人」とはじき出した。木陰やテントの下などにいた人は除いたというが、この会社は「それでも9万人には到底届かない」とみている。

 沖縄県警は今回の参加人数を把握していないという。

メタボ健診、対象と知りながら未受診が3割(医療介護CBニュース)
出会い系サイト「サクラ」が語る会えない仕組み(読売新聞)
東北新幹線 はやぶさ来春投入 八戸−新青森間12月開業(毎日新聞)
スポーツ店で偽クーポン、大阪市職員装い1万枚(読売新聞)
<NPT会合>81歳、非核の叫び 400人前に谷口さん(毎日新聞)
posted by スギノ マサオ at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。