2010年05月27日

パー券を府工事受注業者が斡旋 橋下知事「小学以来の友人」(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事の後援会が開催した政治資金パーティーをめぐり、府発注事業を契約していた大阪市内の会社社長が180万円分のパーティー券の販売を斡旋(あっせん)していたことが24日、分かった。こうした斡旋に法的規制はなく、橋下知事は「問題ないと思っている。返金の予定もない」と話している。

 パーティーは橋下徹後援会の発足にあわせ、平成20年6月に開催。後援会の収支報告書によると、社長ら8人の斡旋で、1682万円を集めた。

 後援会関係者によると、社長は知事選の期間中から知事を応援。府営住宅の建て替え工事を受注していることから「誤解を与えかねない」とし、斡旋後は一線を引き、後援会にも加入していないという。

 橋下知事は「企業にパーティー券購入を依頼しないことにしており、個人にしか販売していない。今回の社長も小学校のころからの友人として個人で協力してくれた」と話している。

【関連記事】
雨でも関係なし! 橋下新党勝利にうなだれる既存政党
空中戦、どぶ板選挙を粉砕 橋下新党初勝利の衝撃
「関西での基地受け入れ」橋下知事発言の真意はどこに?
橋下知事「国会議員巻き込まないと…」
大阪の国旗常時掲揚 市立校84%なのに府立校3%弱
中国が優等生路線に?

民主「党活動費停止ほかにも4人」(産経新聞)
外交文書、30年で自動公開=新規則に明記、陣容も強化―外務省(時事通信)
環境面に徹底配慮=普天間代替施設―鳩山首相(時事通信)
日病が新執行部披露パーティー(医療介護CBニュース)
【お財布術】「早朝割引」編 「安さ」「時間限定の珍しさ」アピール(産経新聞)
posted by スギノ マサオ at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。