2010年05月30日

<雑記帳>明るい社会づくりに谷村新司さんが応援歌で協力(毎日新聞)

 犯罪や非行のない社会づくりを目指す法務省の「社会を明るくする運動」に協力するため、谷村新司さん(61)が応援歌「咲きほこる花のように」を作詞作曲し、24日、千葉景子法相にCDを贈った。

 きずなを大切にする谷村さんの活動が運動の趣旨に合うと法務省が依頼し、谷村さんも共鳴。保護司の手記に目を通して作詞した。収益は更生保護活動に寄せる。

 稲妻のように鮮烈な音楽で若者に支持されたアリスの結成から約40年。還暦を過ぎた今も「歌に接すれば、自分は独りじゃないと教えてもらえる。手を差し伸べる大人でありたい」と、新たな「伝道師役」に谷村さんは意欲満々だ。【石川淳一】

【関連ニュース】
アリス:4度目の再始動、28年ぶり全国ツアー開催 谷村「おかえりと言って」

理事会で2親方を聴取、処分決定へ…相撲協会(読売新聞)
親から認められぬ子供 自分の価値が分からない(産経新聞)
<毎日書道展>鑑別審査始まる 総出品数は3万点余(毎日新聞)
小沢氏に国会での説明責任要求 谷垣、渡辺氏(産経新聞)
巨匠から新進作家まで 「日本の書展関西展」大阪で始まる(産経新聞)
posted by スギノ マサオ at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。